1/11(月)は、成人(せいじん)の日でしたね。

今年20歳になる方たちは、おめでとうございます!!!!

日本では第2月曜日が成人の日にあたり、祝日(しゅくじつ)でお休みでした。

 

 

 

成人の日は「おとなになったことを自覚(じかく)し、みずから生き抜こうとする青年(せいねん)を祝いはげます」ことが目的(もくてき)となっています。

今年の新成人(しんせいじん)の人口(じんこう)は、およそ124万人(まんにん)だそうです。

 

 

 

 

新成人の女性は振袖(ふりそで)、男性は袴(はかま)かスーツを着て、「成人式」に参加(さんか)します。

 

 

 

 

私も振袖を着て、地元の成人式に参加し、中学時代の恩師(おんし)に会ったり、数年ぶりに会う友達と写真を撮ったりしました。

式では、和太鼓(わだいこ)のパフォーマンスを見たり、代表者(だいひょうしゃ)のスピーチを聞いたり、ムービーを見たり、いろいろなことをしました。

その時には、大人としての実感(じっかん)はなかなかわかなかったですが、とても大切な一日になりました。

 

 

 

日本では20歳からが大人としてあつかわれるので、「成人の日」はとても大切な日です。

みなさんの国では、「成人式」のような大人としての仲間入りを祝う行事がありますか?

 

 

 

 

また最近では、「二分の一成人式」という20歳の半分の10歳にお祝いをするという新しいイベントもでてきました。

こちらは学校行事で、内容(ないよう)は学校によって違ってきます。

歌をうたったり、両親への感謝(かんしゃ)の手紙を読んだり、スピーチをしたりするようです。

 

 

 

今年は、コロナの影響(えいきょう)で成人式も延期や中止、オンライン開催(かいさい)などになってきていますね。。。

大垣市の成人式も、5月に延期(えんき)になっています。

たくさんの人が集まる行事なので仕方がないですが、早く例年(れいねん)通りに戻ることを願っています。